DH勉強会

4つのコントロール「シュガーコントロール編」

SUGAR CONTROL

歯の喪失原因の大半を占める二大口腔疾患「むし歯」「歯周病」それらを予防するには、サリバコントロール・シュガーコントロール・プラークコントロール・パワーコントロール、この4つのコントロールが必要です。今回は、わかっていそうでわかっていない?「シュガーコントロール」についてお話します。

シュガーコントロールって?

普段、チェアサイドでどのように保健指導をされていますか?「甘いものは控えましょう」「甘いものは間食としてではなく、食事と一緒に摂りましょう」なんて声が聞こえてきそうですね。間違いではありませんが、どうして甘いものを控えた方がいいのでしょう?どうして間食としてではなく食事と一緒に摂る方がいいのでしょうか?

砂糖とバイオフィルムの関係

砂糖の含まれた食物を摂取すると、ショ糖を原料にして菌の産生する酵素により粘着性の多糖体(グルカン)をつくり、歯の表面で他の口腔内細菌とともに塊を形成します。これがいわゆるバイオフィルム(デンタルプラーク)ですが、ショ糖のない環境では歯の表面に付着する能力は低く、他の菌との結合や凝集はあまり見られません。

つまり砂糖の摂取習慣があるとむし歯菌が活性化し、多くのネバネバ物質をつくることで水に溶けにくい粘着性バリアとなり、バイオフィルム中の酸が拡散・中和されずに歯面に停滞するようになります。

砂糖がステファンカーブに与える影響

飲食回数が増えれば、プラークのpHが酸性に傾く回数が増えるのは周知のことですね。「食後すぐ」「食後2時間」「食後8時間」ではプラークのpHも異なるため、飲食の摂り方・回数がカリエスリスクに大きく影響することがわかります。

それだけでなく、砂糖の摂取回数が増えると、舌や粘膜上の細菌が急速に酸を産生し唾液のpHも低下するため、唾液緩衝作用を減弱させる要素にもなります。3週間ショ糖洗口を続けるとステファンカーブの最高値と最低値が低下するというデータもありますし、砂糖濃度が高いほどプラークのpHは下がり中和に時間がかかります。

飲食回数に関わらず、砂糖の摂取習慣やその種類により酸性に晒される時間が増えることにもなります。1~2日砂糖摂取を制限するだけでもステファンカーブが変化するため、飲食習慣はカリオロジーにおいてもっとも重要な因子と言えます。

ph

 

WHO(世界保健機関)「成人及び児童の糖類摂取量」の新ガイドライン

2002年以来、1日当たりの糖類摂取量について、 総エネルギー摂取量の10%未満に減らすことを推奨してきましたが、2015年の新ガイドラインでは5%未満。

つまり成人で1日25g(ティースプーン6杯程度)に減らすこととしました。このガイドラインは肥満や肥満に付随する疾患 NSD(非感染性疾患)だけでなく、むし歯を減らす目的もあり、それらを実現するには砂糖入り飲料を飲まないこと、ケーキ・菓子などの砂糖を控えることが必要です。2020年までに、NCDによる死亡が全死亡の75%を占めるようになると予測されており、WHOは2025年までにNCDによる死亡を25%減らすことを目標に掲げています。

NCD(Non-communicable disease)

WHOの定義によると、不健康な食事や運動不足、喫煙、過度の飲酒などの原因が共通しており、生活習慣の改善により予防可能な疾患をまとめて「非感染性疾患(NSD)」と位置付けている

 

グルコーススパイクとは

砂糖が含まれている食物を摂取する習慣があると、私たちの身体はそれに反応し、グルコーススパイク(血糖値の乱高下)が起こります。グルコーススパイクが起こると、亜鉛を無駄遣いしてしまうため唾液緩衝能が低下する要素にもなりますし、副腎機能が低下し免疫力にも影響するばかりか、血管が浮腫むことで弾力が失われ歯肉が傷つきやすくなったりもします。自律神経にも影響を及ぼすので、ブラキシズムを誘発することにも繋がるといわれています。

glucose

まとめ

「シュガーコントロール」は、むし歯の予防だけでなく歯周病や力のコントロール、全身の健康にも寄与するがおわかりいただけたのではないでしょうか。「甘いものは控えましょう」「甘いものは間食としてではなく、食事と一緒に摂りましょう」だけではない知識を身につけることで、患者さんへの提案の引き出しを増やすことができますね!

4つのコントロール「シュガーコントロール編」は2018年8月2日(木)開催予定です。
詳しくはこちらをご覧ください。

学校では教えてくれない「シュガーコントロール」Click Here▶︎

 

加瀬久美子

加瀬久美子

投稿者の記事一覧

DH勉強会 LOL主宰
"昨日までのハテナを今日のヒラメキへ!今日のワクワクを明日のアクションへ!"のコンセプトのもと、「直接関わることのできない患者にも還元したい!歯科衛生士に楽しく学んで欲しい!」という想いから、「学校では教えてくれない」をテーマに勉強会を開催中。

歯科衛生士として臨床に従事する傍ら、講師として個別レッスンや歯科医院向け訪問セミナーも行っています。

facebook
DH勉強会LOL facebook

関連記事

  1. plaquecontrol 4つのコントロール「プラークコントロール編」
  2. pacing 歯科衛生士が知っておきたい、信頼つくりのための「ペーシング」
  3. lol DH勉強会LOLとは
  4. saladwomen 歯科衛生士こそ提案しよう!口腔の健康にも「栄養補給」
  5. nutrition 歯科衛生士が栄養学を学ぶ5つの理由
  6. washinghands 手荒れは大敵!手指衛生のためにできること
  7. lemon 「レモン&シュガーのはみがきハーモニー」放映を開始
  8. Tatsumi1 歯科からできる子どもの発達支援

最近の投稿

dhroom 公式歯科衛生士一覧

  • 塚本 千草
  • 長谷川雅代
  • dhroom
  • 小川由香里
  • 加瀬久美子
  • 高木佐知子
  • 三村文子
  • 秋永恵
  • 辰巳光世
  • 成田瑞映
  • 高見澤亜衣
  • 鎌田瑞乃
  • 小林みゆ
  • 西依亜矢
  • 上村祥子
  • 杉元美樹
  • 小河原杏奈
  • 久城真美
  • 吉久保典子
  • 土屋和子
  • 穴沢有沙
  • 上野 清香
  • 横山朱夏
  • 渡辺容子
  • 石井泰子
  • 田中法子
  • CoriglianoNana
  • 源河めぐみ
  • 伊藤和歌子
PAGE TOP