知識

歯の再生に関するニュース

キングス・カレッジ・ロンドンの研究者らによって発表された内容によると、アルツハイマーの治療薬を利用して、虫歯などによってダメージを受けた歯を再生させることに成功したとのことです。アルツハイマーの治療で使われるTideglusibという薬。Tideglusibには「歯が成長する」という副作用があり、研究者らはTideglusibを使って象牙質を再生できるのでは?と考えたわけです。

アルツハイマー治療において、Tideglusibはアルツハイマー型認知症の原因となる、異常のあるタウタンパク質に働きかけると考えられています。一方、歯の治療におけるTideglusibは歯の中心にある幹細胞に働きかけ、象牙芽細胞を成長させるトリガーとなります。

今回行われた実験はマウスを対象にしたもの。欠損のあるマウスの歯に、薬を浸したスポンジを詰めたところ、歯の再生を確認したとのこと。生物分解性のあるスポンジを使用し、数週間後にマウスの歯を確認するとスポンジはほとんど分解され、新しい歯に置き換わっていたそうです。今回の治療法が人間にも応用されるようになれば、人工の詰め物で歯が弱くなり将来的に虫歯にかかるリスクが高くなることもなく、健康な歯を取り戻すことが可能と考えられています。

http://www.nature.com/articles/srep39654
塚本 千草

塚本 千草

投稿者の記事一覧

歯科衛生士のためのプラットフォーム「dhroom」設立者。
一般社団法人DHマネジメント協会 の代表として、「人材育成ができる歯科衛生士が歯科業界を変える」を理念に、歯科衛生士の仕事が好きで働き続けたい思いを実現するために日々活動中

facebook
DHMA

関連記事

  1. 歯科衛生士から伝えよう!「口から食べれることの大切さ」
  2. 歯科衛生士が栄養学を学ぶ5つの理由
  3. 高齢者の口腔の健康維持に必要な3つのこと
  4. PMTCの基本知識 PMTCの基本知識とその手順
  5. 感染管理から考えた医院内での観葉植物と生花
  6. 歯科衛生士が知っておきたい、信頼つくりのための「ペーシング」
  7. 歯科衛生士が取得できる認定資格一覧【学会編】
  8. 歯科衛生士こそ提案しよう!口腔の健康にも「栄養補給」

最近の投稿

PAGE TOP